Skip to Content

philosophy

driveinfes_vol0_img

200804_DRIVEDJ

PROJECT

これまでのプロジェクト

works_2020-17

works_2020-16

works_2020-01

works_2020-02

works_2020-08

works_2020-04

works_2020-05

works_2020-06

works_2020-03

CONTACT

お問い合わせ

問い合わせ受付:月〜金 10:00〜17:00
※返答に数日お時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

入力頂いたメールアドレスに返信致します。間違いのないようにご注意ください。
特定のイベントについてのお問い合わせの場合、イベント名や開催の日付を記載ください。
企画のご依頼は、ご予算や希望時期など具体的に記載をお願い致します

CREATOR&CEO

クリエイター&代表

afromance_img01_sq

アフロマンス 

PARTY CREATOR / CREATIVE DIRECTOR / DJ

本名 中間理一郎。1985年 鹿児島生まれ。京都大学工学部建築学科卒。大学在学中に「アフロマンス」名義で活動をスタート。広告会社での経験を経て、2015年「世の中に、もっとワクワクを。」を理念に掲げ、クリエイティブカンパニー「Afro&Co.」のクリエイター兼CEOとして独立。

既成概念にとらわれない自由な発想力と、前例がないものを形にする実現力、体験を軸に、様々な領域を横断する企画力で、世の中に熱量をつくりだす。

2012年に、都内初の泡パーティーを開催。300名規模の会場に3000名を超える応募が殺到し、一躍、全国的に話題になる。その後、「泡パ」の名称でブランドを確立し、「TOYOTA LEXUS」の広告キャンペーンや、映画「GANTZ:O」のPRイベントなど、様々な企業、自治体、コンテンツ、アーティストとコラボレーションを展開。

その後、スプライトのTV CMにも採用された街中を300mの巨大スライダーで滑る「Slide the City JAPAN」や、28万応募が殺到したスカイランタンとチルアウト音楽を楽しむ絶景フェス「The Lantern Fest JAPAN」、平日朝6時半から踊る「早朝フェス」や、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」など、数々の体験型イベントやフェスを主催。

また、SONYとコラボレーションした巨大なスピーカー状の360度卓球「低音卓球」や、120万枚の桜の花びらに埋もれるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」、血と薔薇をテーマにしたイマーシブレストラン「喰種レストラン」など、新しい体験を通じて、企業や行政の課題を解決する、国内有数の体験クリエイターとして活躍している。

HP | twitter | Instagram | facebook | LINE@

LINK

シェアする ツイートする 友だちに送る