Skip to Content

philosophy

NEW!!

PROJECT

これまでのプロジェクト

works_2020-17

works_2020-16

works_2020-01

works_2020-02

works_2020-08

works_2020-04

works_2020-05

works_2020-06

works_2020-03

CEO&CREATOR

代表 兼 クリエイター

afromance_img01_sq

アフロマンス

クリエイティブカンパニー「Afro&Co.」代表。アイデアと実現力で、新しい体験をつくるクリエイター、クリエイティブディレクター、DJ。

本名 中間理一郎。1985年鹿児島生まれ。京都大学建築学科卒。大学在学中に「アフロマンス」名義で活動をスタート。大手広告会社を経て、2015年、Afro&Co.のCEO兼クリエイターとして独立。

主な実績として、2012年に都内初の泡パーティーを開催し、メディアやSNSで大きな話題となり、全国に「泡パ」ムーブメントを起こす。その後、野外フェス 「泡フェス」の全国展開や、TOYOTA LEXUS、資生堂インテグレート、NMB48、チームしゃちほこ、GANTZ、とんかつDJアゲ太郎など、様々なブランド、アーティスト、コンテンツとコラボレーションし、話題となった。

さらに、スプライトのTV CMにも採用された街中を300mの巨大スライダーで滑る「Slide the City JAPAN」や、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」、 バスタブに浸かりながら映画を見るチルアウトイベント「BATHTUB CINEMA」の主催に加え、佐賀の日本酒をPRする120万枚の花びらに埋もれるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」や、東京喰種とコラボレーションした4万本の薔薇と血の美食を楽しむイマーシブレストラン「喰種レストラン」など、数々の体験型イベントを企画し、それぞれ大きな話題となる。

2020年、コロナ渦では、3月に発信した「#楽しいが必要だ」のメッセージが大きな反響を呼び、英語、中国語、スペイン語などに翻訳され、世界に広がった。また4月にはm-floの☆Taku Takahashiらと協力し、累計200万人以上が参加するオンライン音楽フェス 「BLOCK.FESTIVAL」を立ち上げ、5月にはキャラクターが配送する「キャラデリバリー」を企画、6月には車の中で楽しむ新しい音楽フェス「ドライブインフェス」を立ち上げるなど、コロナ渦においても、世の中を前向きにする企画を次々と実現している。

アフロマンス公式サイト
Twitter
Instagram
Facebook
LINE公式アカウント

CONTACT

お問い合わせ

問い合わせ受付:月〜金 10:00〜17:00
※返答に数日お時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

入力頂いたメールアドレスに返信致します。間違いのないようにご注意ください。
特定のイベントについてのお問い合わせの場合、イベント名や開催の日付を記載ください。
企画のご依頼は、ご予算や希望時期など具体的に記載をお願い致します
シェアする ツイートする 友だちに送る