Skip to Content

text_01

text_08_thanks

text_02

CONTENTS

コンテンツ

01

text_03_2-01

佐賀のアツイ伝統工芸品をモチーフにした激辛メニューが県庁地下一階のSAGA CHIKAに期間限定で登場。テレビやラジオで活躍する激辛料理専門家「金成姫(キムソンヒ)」氏が監修する、絶品激辛料理をお楽しみください。

 

top_slide_pc_04

text_03_2-02

佐賀県庁地下一階のSAGA CHIKAが「辛サガアツイ食堂」に変身!激辛料理に加えて、さらにアツくなりたい人向けに、真っ赤なこたつ席もご用意。また鬼型の巨大パネルからは舌をイメージしたレッドカーペットが伸び、記念撮影もばっちり。

03

text_03_2-03

今回メニューに使われているものを中心に、佐賀のアツイ伝統工芸品も展示されます。佐賀の書家「江島 史織」氏が書き下ろした工芸品名の書の元にディスプレイ。また一部、伝統工芸品の販売も行う予定です。

 

04

text_03_2-04

「食べる」「見る」に加えて、伝統工芸品を体験できるワークショップも開催。内容は「弓野人形 絵付け体験」と「名尾手漉和紙 うちわづくり」の二本立て。しかも、今回は特別に参加費無料となっています。詳しくはコチラをご確認ください。

INFORMATION

イベント情報
イベント名 辛サガアツイ食堂
日程 2020年1月20日(月)〜2月3日(月)
※2月1日(土)、2日(日)を除く
会場 佐賀県庁 地下一階
SAGA CHIKA
佐賀県佐賀市城内1丁目1−59
> 佐賀県庁へのアクセスはこちら

営業時間 9:30〜20:00
※フードオーダーは11:30〜19:00
※12:00〜13:00は特に混み合います。あからじめ、ご了承ください。
メニュー 1月20日~2月3日(期間通し)
浮立麺 -激辛つけ麺-…600円

1月20日~1月26日(前半のみ)
ピリッと麻婆 白石焼豆腐…500円
カラフル弓野人形チヂミ…500円

1月27日~2月3日(後半のみ)
よだれ鶏 二種の麻辣びーどろソース…500円
あみあみ西川登竹細工ポテト
…500円

※価格は全て税込。別途定食メニューもあり。

主催 佐賀県 / さが県産品流通デザイン公社
企画 アフロマンス / Afro&Co.
お問い合わせ さが県産品流通デザイン公社
mail:sagapin_saga@mb.infosaga.or.jp
注意事項
・料理には小麦、ごま、卵、豚肉などが含まれます。詳しくは本サイトのFAQをご確認ください。
・混雑状況によって、料理の提供にお時間をいただく場合がございます。また、参加無料のワークショップは1日あたり参加人数に上限があります。予め、ご了承ください。
・イベント内容及び本注意事項は予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。
・イベント内で撮影された写真及び映像は、今後のプロモーションで使用される場合がございます。予めご了承下さい。

WORKSHOP

ワークショップ体験

期間中は毎日、伝統工芸品のワークショップも開催されます。佐賀県内の工芸品の中から「弓野人形の絵付け」と「名尾手漉和紙のうちわ作り」が体験できます。今回は特別に【参加費無料】となっていますので、この機会に是非体験してみてください。

workshop-01

 

 

workshop-02

HOWTO

辛サガアツイ食堂の楽しみ方

体験フロー1

text_07_howto-01

まずは、期間中のメニューの中から選んでオーダーしよう。

一部のメニューは定食メニューにできたり、辛さも色々と段階があるので、自分にあった組み合わせを選びましょう。

体験フロー2

text_07_howto-02

今回のメニューは、激辛料理と工芸品がコラボレーションした非常にユニークな見た目をしています。

食べる前に綺麗な状態で写真を撮ろう!

SNSにアップする際は「#辛サガ」をお忘れなく!

体験フロー3

text_07_howto-03

佐賀の伝統工芸品をモチーフにした激辛料理を堪能しよう!

モチーフにしているポイントや、使われている佐賀の特産品などは会場内にあるリーフレットや、本サイトのメニューに書いているので、読みながら食べるとより一層楽しめます。

体験フロー4

text_07_howto-04

会場内には、様々な佐賀の伝統工芸品が展示されています。

普段、なかなか接することがない伝統工芸品もあるので、この機会に見てみましょう。

また、レジ前には、伝統工芸品の販売コーナーもあるので、気になるものがあったら帰り際にゲットしましょう!

 

体験フロー5

text_07_howto-05

「辛サガアツイ食堂」は、会場の装飾も非常にユニーク!

会場のセンターに設置された大きな鬼のパネルはフォトスポット代わりになっているので、来場した記念写真を撮るにはバッチリ!

また、鬼のパネルから長く伸びたレッドカーペットは鬼の舌をイメージしています。

撮った写真はぜひ「#辛サガ」でSNSにアップしてね!

体験フロー6

text_07_howto-06

美味しい激辛料理を食べて、会場も回ったら、最後は実際に伝統工芸品を体験できるワークショップに参加しよう!

なんと今回は特別に無料で体験できます(定員に達し次第終了)

つくった工芸品はそのままお土産としてお持ち帰り頂けます。

FAQ

よくある質問

Q. 席や食事の予約は可能ですか?

A. 申し訳ございませんが、ご予約は承っておりません。お昼の12時〜13時ごろは混み合いますので、あらかじめご了承ください。

 

Q. ワークショップの予約は可能ですか?

A. 申し訳ございません。ワークショップの予約は承っておりません。直接会場にお越しください。

 

Q. アレルギー食品はありますか?

A. それぞれ下記の食材が含まれます。

浮立麺…小麦、ごま、卵、豚肉
白石焼豆腐…大豆、豚肉
よだれ鶏…ごま、はちみつ
弓野人形チヂミ…小麦、卵、エビ、カニ、イカ、ごま
あみあみポテト…なし
また、調理器具は共通のものを使用しており、アレルギー源のものを別にした調理器具は使用していません。ご了承ください。

 

Q. 辛い物が苦手な子供でも食べられますか?

A. 辛味のある調味料が別添えのメニューもございますので、そちらをかけずにお召し上がり頂ければ辛くはございません。詳しくは会場でスタッフにお尋ねください。

Q. 個室はありますか?

A. 個室のご用意はございません。予めご了承ください。

 

Q. 会場でタバコは吸えますか?

A. 会場である佐賀県庁内は全面禁煙となります。

 

Q. 車椅子でも参加できますか?

A. 車椅子でご来店頂けます。佐賀県庁1階からエレベーターで地下1階までお越し下さい。

 

Q. 記念日や誕生日などの対応は可能ですか?

A. 申し訳ございません。店舗側での準備などはお受け致しかねます。

Q. 英語での対応は可能ですか?

A. はい。英語が出来るスタッフがおります。

 

Q. 料理や会場内の写真撮影は可能ですか?

A. 写真撮影は可能です。周りの方のご迷惑にならないように、ご配慮お願いします。

 

Q. ペットの同伴は可能ですか?

A. ペットの同伴は不可ですが、盲導犬や介助犬は可能です。

 

Q. クレジットカードでの支払いは可能ですか?

A. お支払いは現金またはPAYPAYのみとなっております。

Q. 駐車場はありますか?

A. 佐賀県庁の駐車場をご利用頂けます。詳しくはコチラをご覧下さい。
※台数に限りがございますので、満車時は近隣のコインパーキングなどをご利用下さい。

 
 
 

DENTO-KOGEI

佐賀のアツイ伝統工芸品

佐賀県では、伝統産品の重要性を認識し、産業としての発展を支援するため、県内の伝統工芸品を「佐賀県指定伝統的地場産品」として指定しています。今回のメニューで使われるものや、その他の伝統工芸品まで含めて「佐賀のアツイ伝統工芸品」をご紹介します。

dento_kogei-01

浮立面は楠や桐、檜などの木を彫った面で、阿吽(あうん)の面相を一対とします。木目を生かし、丹誠を込めて彫った鬼の面は、美しさと凄みにあふれています。近年では魔除けとして家に飾られることが増えています。

> 鹿島市観光協会

 

dento_kogei-02

白石焼の特徴は、白い砂まじりの陶石と天草陶石 の原料から生まれる素朴さと温もりにあります。 伝統的な技法に現代的な感覚を加えたデザインは、 それぞれの窯元の作風とあいまって、独特の魅力 を放っています。  

> みやき町観光協会

 

dento_kogei-03

誕生当初は洗練された博多人形に近い作風を特徴としていましたが、次第に親しみのある素朴な人形へと変化しました。ぽってりとした形と鮮やかな彩色、多彩なデザインが魅力です。

> 武雄市観光協会

dento_kogei-04

肥前びーどろは、ガラス管を通して息を吹き込み成形するジャッパン吹きと呼ばれる日本独特の技法で作られるガラス製品。滑らかな肌合いが特徴で、赤や青などの鮮やかな色も魅力です。 

> 副島硝子工業株式会社

 

dento_kogei-05

竹材から細い竹ひごを作り、しなりを利用して編み込む竹細工は、ほとんどが生活に密着した日用品。竹の質感から生まれる風合いは素朴で懐かしく、近年は装飾品としても好まれています。

> 武雄市観光協会

 

dento_kogei-06

質が緻密で色つやがあり、耐久性に優れた和紙です。原料の梶の繊維が長く、繊維同士が絡み合うことで強靱さが生まれます。提灯紙や障子紙をはじめ、民芸品やインテリア用品などに使われています。 

> 名尾手すき和紙株式会社

dento_kogei-07

金銀の箔を貼ったり、漆を塗った和紙を細く裁断して経糸に、染色した絹糸を緯糸に用いて織り上げる錦です。伝統的な技術を受け継ぎながらも、現代人の感性に響く大胆な文様や色使いが特徴です。

> 佐賀錦振興協議会

 

dento_kogei-08

金銀の箔や漆を施した和紙と本絹糸を使用し、伝統の網代文様を中心に多種多様な文様をすべて手作業で織り上げます。その柔らかさを秘めた美しさは、実用品のみならず、美術品としても高い価値を持っています。 

> 鹿島市観光協会

 

dento_kogei-09

鍋島段通は、織糸に上質な木綿を使用することで絹や羊毛などと比べると肌触りを良くした、高温多湿な日本に適した敷物です。大胆かつ華やかな文様も魅力で、インテリアのアクセントになります。

> 佐賀市観光協会

CREATORS

クリエイター紹介

creator-01

アイディアと実現力で、新しい体験をつくる。「世の中に、もっとワクワクを。」を掲げるクリエイティブカンパニー「Afro&Co.」代表。これまでに、泡にまみれる体験型イベント「泡パ®」や、120万枚の花びらに埋もれるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」など、数々の話題の体験型コンテンツの企画監修を手がける。

HP | twitter | Instagram | Facebook

 

creator-03

国家資格の調理師免許を取得後、様々な商品開発に関わる。 特に得意ジャンルの旨辛や激辛グルメについて激辛料理専門家として、 テレビやラジオなどでコメントをしたり、イベントプロデュースや メニュー監修等を手掛けている。

Blog | twitter | Instagram 

creator-02

佐賀県佐賀市出身 東京都在住。佐賀北高等学校芸術コース書道専攻への進学を契機に書の勉強を深め、東京学芸大学・同大学大学院在学中より、テレビドラマの監修等に携わる。その他、店名・商標ロゴ・食品ラベル文字制作、書の実演等に携わる。

HP | twitter | Instagram

 
シェアする ツイートする 友だちに送る